strange fruits
|  News  |  Me  |  Diary  |  Gallery |  Link  |  Contact  |  Top  |
展覧会告知[Obscure] 艶子×シ°(dart)写真展
<p> (Click!) 
 (Click!) 

会 期 2012年11月16日(金)〜12月1日(土) ※会期中休業日あり、下記
時 間 15:00〜22:00
料 金 無料
※休業日:17日(土)、21日(水)、22日(木)、26日(月)、27日(火)

■オープニングレセプション:11月16日(金) 19:00〜22:00
 ※どなた様もご参加いただけるレセプションです。ぜひご来廊ください。

※「シ°(dart)」の正しい表記は「dart」が反転→

【obscure】曖昧な, 不明瞭な, ぼんやりした

写真家として出会った女と、被写体として出会った男。

いつしか互いにカメラを持ち、撮り合っていた。撮影を重ねる内に関係性は揺らぎ、「写真家/被写体」でも「友人」でも「男女」でもなく、かつその全てでもある曖昧な関係だけがあった。

撮る/撮られる、写真家/被写体、友人/愛人、現実/創作。

撮っているのか、撮らされているのか。
撮られているのか、撮らせているのか。
「シャッターを押した者」と「写っている者」のどちらが、作品の主体なのか。
二者の関係を何と呼ぼうと、ただ写真がそこにある。

「わたし」と「あなた」の関係が何と呼ばれようと、ただ繋がりがそこにある。

これまで、自ら被写体となるセルフポートレイトを中心に写真を撮り続けてきた艶子。ミュージシャンのライブ写真などを除き、他者を撮った作品をシリーズとして発表するのは今回初。

艶子の被写体として見出されながら、自らもカメラを持つことを選んだ「シ°(dart)」。初制作にして初の展示。

二人の写真家が互いを写しあった作品を、二人展として展示致します。

「写真家」という響きも定まらぬまま、ただ写真を撮ることで自分を、関係を、見つめた時間。

あなたをとりまく関係性から、あなたが付けた名前を少しだけ外して、ぜひご確認にきてください。

(小林義和/カフェギャラリー幻 代表)

 

艶子 / Tsuyako

1986年生まれ。東京都出身・在住。
高校時代より独学で写真を撮り始め、個展、企画展等で作品を発表。
境界性人格障害を抱えながら、衝動として写真を撮り続けている。
2012年7月、東京都文京区千駄木に夫婦で「Cafe Gallery 幻」を開店。

【主な活動歴・受賞歴】
2008年
 艶子個展「END ME」 会場 BEMSTAR cafe&gallery
  ♪ライブゲスト:田村昭太(blgtz) 小林祐介(THE NOVEMBERS)
2010年
 艶子主催 グループ展「seven/7 view point for Tsuyako」 会場 atelier BEMSTAR
 画廊珈琲Zaroff主催 企画グループ展「江戸川乱歩全集・Zaroffパノラマ展」
2011年
 ONE PLUS 1 gallery主催 公募展「オトコノコ展」 審査員特別賞受賞
2012年
 銀座モダンアート主催 公募展「彼フォト展」 観客投票得票数1位
 ONE PLUS 1 gallery主催 公募展「オンナノコ展」 観客投票得票数4位 審査員特別賞受賞


【作家コメント】
この展覧会は
皆様への挑戦状

カテゴライズされ
肩書きに
身動きが取れずに
自分を抑えつけてた

鈍っていく感覚に
危機感を覚え
それと同時に
久しぶりに
他者を撮りたいと
直感的に身体が
反応したのだ

全ては反発心から
始まったことである
距離/責任/狂気
人と人とは脆く儚い
欲望でうずまいてる

自分だけを
撮り続けてきた私が
現実と写真の中で
一人の人間と
向き合い続けた記録
記憶になるのだろう

作品だろうか?
記念だろうか?

ふしだらさや弱さに
目を反らしては
曖昧や不明確にし
誰かのせいにして
生きてきた経験が
誰にでもあるだろう

私からの挑戦状は
あなた達自身に
そして私への挑戦状

自分自身が成長し
感情に振り回されず
判断していくことを
写真を通しながら
治癒を止める事はないだろう

艶子(小林裕美)


Website  (Click!) 
Facebook cafegallerymaboroshi.tsuyako
Twitter @tsuyako_13film


シ°(dart) / Shi(dart) ※正しい表記は「dart」が反転→
 

2012年、写真の被写体として、艶子にスカウトされる。その後、艶子との撮影中に、自らも写真を撮り始める。
今回が初制作にして、初展示。

【作家コメント】
苦悩の中でクチにした治療薬は苦悩そのものなのか

シ°(dart)


無駄な知識など捨てて躰や心が思うがままに反対や常識はずれと言われても私はカメラをおろさなかった。諦めなられなかった。

他者に撮られる事をずっと拒絶してきた私がカメラを向けられて赦し溶け込んだ。この想いを偶然をなんと呼ぶのかも解らないままだ。

ただ、今ある想いを
写真や文章に
つめこんでいます


沢山のご来場、心からお待ち申し上げております。
吸血鬼&ハロウィン展『ナイトメア・イン・ハロウィン』

『芸工展2012』参加企画 & ブラム・ストーカー没後100年

吸血鬼&ハロウィン展『ナイトメア・イン・ハロウィン』


小説『ドラキュラ』の作者ブラム・ストーカー(1847-1912)の没後100年――
怪奇世界に偉大な功績を遺したストーカーを讃え、ハロウィンというゴシック趣味最大のイベントを楽しもう!

【 吸血鬼 】と【 ハロウィン 】をテーマに、「スイートなお菓子」から「こわ〜いオバケ」まで、たくさんの美術&雑貨&デザートがあなたを迎えます★
10月末のハロウィンに向け、ぜひお部屋やお洋服を飾る貴方だけのオバケな一品をコレクションしてください!

また、本展は、谷根千・日暮里・上野桜木・池之端界隈の地域イベント「芸工展2012」の正式参加企画です。
「ものづくり」によって文化・芸術的に地域の魅力を伝え、お子様からご年配の皆様まで、広く地域内外の皆様と交流することを目標としております。
この機会にぜひ、お気軽にお越しください。ちょっと変わったお店ですが、怖くないですよ!



会期

 

 10月1日(月)〜31日(水) 15:00〜22:00 ※会期中休業日あり(下記)

 ◆休業予定日:4日(木)・5日(金)、10日(水)・11日(木)、15日(月)・16日(火)、21日(日)・22(月)、26日(金) ※休業日は変更になる場合がございます
 ◆27日(土)・28日(日): ハロウィンパーティー! (※混雑時立食)
 ◆31日(水) 19:00〜: クロージングミニハロウィン&搬出 (※混雑時立食)



出展作家

 

 asukaoru, / 五十嵐わなを / 石木あや / italo / イトウカズシ / 卯月沙梨音 / 鏡カノン / 鏡野みづは / くろあめ / ごごみそ / こばめ金魚 / さんがっつ(いちみや忠義) / しづく / シャロットの乙女-Lady Of Shalott- / 神宮巫仔 / 蒼々 / 幸屋 / 茶柱立太 / 艶子 / Deora / nattu;n / 薔薇十字団 / MACRO NOIR / 麻子 / Mammy / M†yuk† / 望月アサヒ

◆各作家詳細はページ下部にございます。



イベント&カフェ

 

■特製ハロウィンメニュー
 会期中、特製のハロウィンデザート&ドリンクを日替わりでご用意しております!
 ※詳細は追って掲載させていただきます。

■ハロウィンパーティー!
 【日時】 10月27日(土)・28日(日) ※ただいま開始時間の調整中
 【参加費】 無料 (※別途、1オーダーお願い致します)
 【ご予約】 無用
 どなた様もご参加いただけるハロウィンパーティーです。出展作家とも話せるこの機会に、ぜひお越しください。
 ※混雑時は立食にさせていただきます

■クロージングミニハロウィン
 【日時】 10月31日(水) 19:00〜
 【参加費】 無料 (※別途、1オーダーお願い致します。持込・差入歓迎!)
 【ご予約】 無用
 どなた様もご参加いただけます。ぜひお越しください。
Cafe Gallery 幻 開廊企画 小林義和・艶子二人展 『まぼろし』



【会期】 2012年7月13日(金)〜21日(土)
【※休業日】 19日(木)
【出展作家】 小林義和(挿画家、幻 代表) / 艶子(写真家、幻 店長)


幻。ぼんやりと、戯れるように、儚いけれど、鮮やかに。

2012年7月13日の金曜日「Cafe Gallery 幻」は開店します。
土地のつながりは震え傷つき、「モンパルナス」も「トキワ荘」もウェブ上へ
移った今、なぜ?
「カフェギャラリー」という言葉はあまり意味が無いかもしれない。ほかに適
切なものが見つからなかった。

好きなことをする。やりたいことをやる。作りたいものを作り、見たいものを見る。
やりたいことをやるのは、簡単なようで勇気がいる。
やり続けるとなれば、さらに。

そもそも「やりたいこと」とは?
わからない。いや、思い出せない。
あの頃、ひとり自分の体内をぐるぐる歩きまわり、心臓に頭をぶつけているだ
けで一日が終わった。
あの頃には戻れない。けれど今、あの頃以上のものが作れるだろうか?
くだらなくてとびきり幸せな日常にさいなまれ、前に進めない。

自分をだまさないように。本当に大切なことを見失わないように。
何かを始めるのに、遅すぎることも早すぎることも無い、と誰かが言っていた。
清くも、正しくも、美しくもなれない。
それでも、今を続けよう。

幻。ぼんやりと、戯れるように、儚いけれど、鮮やかに。
過去。現在。未来。
会期が終わっても、この店が作品となるだろう。
たとえ歴史に残らずとも、たとえ世界を変革できずとも。
傷つきながら、美しく人生を棒に振るために。
涙しながら、微笑むために。
幻のような今を、いつか思い出してこう叫ぶために。
『時よ止まれ、おまえは美しい!』


Cafe Gallery 幻 代表 小林義和








挿画家。雅号・薔薇十字団。
長野県出身、東京都在住。

大阪芸術大学を卒業後、企業のモバイルコンテンツ事業にて、デザインやキャラ
クター企画を担当。
2006年に独立以降、イラストレーター業を行う傍ら、美術作品を制作し、個
展、企画展等で作品を展示。

怪奇・幻想を愛し、薔薇十字主義や神秘思想、神話、妖怪などを基礎に、耽美・
頽廃的作風から可愛いキャラクターまで、幅広く制作。

2012年7月13日の金曜日「Cafe Gallery 幻」を開店し、代表を務める。

【主な活動歴】
2009年
 初個展「薔薇と十字架」 初台・画廊 珈琲 Zaroff
2010年
 アートNPO「NIMO(ニモ)」設立展示会 池袋・atelier bemstar
2010年
 企画グループ展「江戸川乱歩全集・Zaroffパノラマ展」 初台・画廊 珈琲
Zaroff
2011年
 Japanese Contemporary Art Exhibition [OUTPUT FROM JAPAN] ロンドン・
crypt gallery


Web  (Click!)
Twitter @barajuzidan

艶子 / Tsuyako
 




写真家。
東京都出身・在住。

高校時代より、独学で写真を撮り始め、個展、企画展等で作品を展示。

2012年7月13日の金曜日「Cafe Gallery 幻」を開店し、店長を務める。

【主な活動歴・受賞歴】
2008年
 艶子個展「END ME」 会場 BEMSTAR cafe&gallery
  ♪ライブゲスト:田村昭太(blgtz) 小林祐介(THE NOVEMBERS)
2010年
 艶子主催 グループ展「seven/7 view point for Tsuyako」 会場 atelier
BEMSTAR
 画廊珈琲Zaroff主催 企画グループ展「江戸川乱歩全集・Zaroffパノラマ展」
2011年
 ONE PLUS 1 gallery主催 公募グループ展「オトコノコ展」 審査員特別賞受賞
2012年
 銀座モダンアート主催 公募グループ展「彼フォト展」 観客投票 得票数1位

【自分を撮るとは】
『自分を変えていきたい』
『醜い、弱い自分を写し、現実から目をそらしてはならない』
 という思いから、自己と向き合い成長する為にセルフポートレイトを撮って
いる。

Website  (Click!)
Facebook cafegallerymaboroshi.tsuyako
Twitter @tsuyako_13film